220223_ミニカワ2022なにしようカイギ.jpg

こどものまちミニカワサキ
​進化の歴史 since 2018

​ドイツのミュンヘンで40年以上前にはじまったといわれる「ミニミュンヘン」をお手本に、18歳以下の子ども達が中心になって、まちを考え、子ども達だけのまちをつくり、運営するプログラムです。年に1回のイベント「ミニカワサキ」を運営することを目的にスタートした私たち。
2018年、2019年とたった2回しか開催できないまま、コロナ禍に突入してしまいました。
2020年は会場での開催を早々に断念。できることはないか模索して、やったことないことに色々チャレンジしました。
2021年もずいぶん迷ったものの、やっぱり会場開催を断念。こうした状況は、かえって、こどものまちってなんだろう?わたしたちのできること、わたしたちの目指すこどものまちってなんだろう?考えることにつながりました。

そして2022年。待ちに待ったミニカワサキをリアル会場で開催しました!​

ミニカワサキ全景s.jpg

​ミニカワサキ2018

​記念すべき第一回は川崎市民プラザで開催。初当選のこども市長と高田川崎市長との対談が実現しました。

ミニカワサキ2019

第一回の大成功で「ミニカワサキに参加したい」こどもたちの応募が殺到。国際交流センターで開催されました

B55A2822_edited.jpg
128639514_686741852013649_6248433485540296085_n_edited.jpg

ミニカワサキ2020

新型コロナウイルス感染症の動向を気にしながら、ZOOM会議や少人数での運営会議を積み上げました。そして涙のリアル開催断念。ならばネットショップで手作り商品を販売、マインクラフト上でミニカワシティを建設。ミニカワサキはとどまることを知りません。

ミニカワサキ2021

今年こそはと臨んだ2021年、大人の世界も慎重です。会場のイベント方針が定まらない中、橘フェスや国際交流センター前広場でのミニカワごっこなど、リアルイベントにチャレンジし続けました。

245219724_4280651932003532_6724991572863393438_n_edited.jpg
311246303_5381758385226209_5234271335976449763_n.jpg

ミニカワサキ2022

川崎市内の小中学校22校37名がこどもまちづくりクラブに参加。橘公園(高津区)にて3年ぶりのミニカワサキを開催。2日間の開催でこども市民延べ450人を超えました。3代目ミニカワサキ市長とミニヨコハマ市長による対談も実現しました。

  • YouTubeの社会のアイコン
  • LINE_APP
  • Facebook Social Icon
  • Instagram Social Icon
  • Twitterの社会のアイコン